FC2ブログ

12/3 眠りではない眠り

眠りではない眠り。
本来の瞑想である。
幸せ、幸福の状態。
この状態は、瞑想と瞑想するものは同じであり、
意識の自然体でもある。

この状態は真我の実現の状態でもあり。

意識の自然体とは、意識が最も努力をしていない状態のこと。
故に心は疲れていない。

身体や人格を自分と思っている人は、
日々の眠りについて、
身体が眠りを必要としていて身体が眠るのだと思っている。

しかし実際は身体は眠らない。
眠っているのは心の方である。
現に、心が眠り、身体感覚とその意識を失った後も
身体は心臓を動かし血液は流れ脈は動き消化器系なども働き、
必要な仕事を果たし起きている。
身体は眠ることをしらなものなのである。

身体を動かした後、その疲れに応じて静止させ時間を与えれば身体は疲れを癒すように。
同様に心も、活動させたならそれに応じて静止の時を必要としており、与えなければならない。
それが眠りとなる。

無知なる人は、心を外へもっと外へと向け活動させる。
朝起きてから眠るまでの間、休む時を一切与えずに。
考えが止まり、心の静止の時の方が珍しいくらいで。
さらに感情という重荷まで背負わせ、心を奴隷のように働かせる。

心が限界を迎え強制的に、
もうオレは休む!っていう状態が→寝る、である。

眠りではない眠り。
この状態が続けば続くほど、眠る必要性はなくなる。
毎日眠っている人には信じがたいかもしれない。
身体を動かし身体労働をしても身体の癒しは身体の静止、である故に眠る必要がない。

瞑想の初期段階。
普通の人は自我の中におり、考えや思いに引きずり回される状態のため、
瞑想は、その考えや思いを払いのける作業となる。
従って、わざわざ感、わたしは瞑想をしている、という考え、自覚が起こる。

瞑想を始めれば、色んな思い、考え、記憶が沸き起こりだし、
思う瞑想ができないと悩む苛立ったりする。
これは古から瞑想する者の共通の苦悩である。

しかし、それはそれでよく、むしろそれが実は必要で最初の目的と言ってよく。
なぜなら、その心の底に眠っている思いや考えを湧き起らせないと、それを破滅させることはできないため。

そして次第に、考えや思いは片付きだし、心の静止状態はそれに応じて長くそして定まってくる。
それに並行し、考えや思いの覆いは取れて純粋なる絶対意識、真我が現れだす。
その実現具合に応じ、真実の知識、英知を知ると共に、
眠りではない眠り、意識が自然な形として在るようになる。

そして、このようになると現象の流れが人生の流れになり、
行為しているという自覚、考えも薄れ行為者も薄れいなくなり、
徐々に、放棄する、明け渡す、という現象が起き、
ありのままにある。となる。

この瞑想状態、意識は意識の自然な状態であるが故、
身体を動かしている時も、仕事をしている時も継続し、
眠りではない眠りの目覚め覚醒状態での行動となり直感的行動となる。

瞑想のある段階からは、真我から引き寄せられる。
それは、瞑想、意識をいまここに置けば、幸せになるという利益(りやく)があるため、
情熱となって瞑想への取り組みが湧き起こる。
引き寄せられるとはそれである。
そしてそれはやがて、眠りではない眠りまで到達し、
身体が死するときまで、またその後も続くだろう。




普通の人は、瞑想って聞くと。
なにそれ修行僧みたいで面倒嫌だ、普通しないよ?て思うことでしょう。
わたしはそっちに興味なんてないと。

そうです。
普通はしないんですよ。
でもだから、皆と同じ普通なんですよね。
間違ってないです。
正しい。

ここからは真我実現まではいかない、
その手前の心で遊びたい人向けの話。
世の中こちらの人が圧倒的に多いのは承知しています。

多くの普通の人は、人生で成功したいと思いながらも、
成功していると思える人が実際、どんなことに重きを置いているか知る人は少ない。

成功者の多くの願いと目標は、
幸せなお金持ち、である。
不幸なお金持ち、ではありません。
その為、毎日瞑想を欠かさずし、
静かな時間、安らぎ、幸せ、解放を実感する、その時間を大事にしている人は多いらしく、
瞑想してるよっていう人は結構いるって話を聞きます。

意外ではありませんか?
毎日楽しく贅沢にしてるイメージではないですか?
瞑想なんて縁がないイメージでは?
そんなことに時間を割かずに何か活動しているイメージでは?

お金の使い方や、時間の扱い方についても、
普通の人が抱くイメージとは真逆だと思います。
実際わたしがそうでした。

自己投資、意識改革の価値順位はトップの方で、
中でも瞑想は自分の身一つでできるので、
自分の意識、自分と向き合うことは大事にしていて、
瞑想以外でもそういった地味な取り組みやその時間を大切にしてるのです。

ひらめきやアイディアを得るにも、
考えや思いの制限、思いつきをできるだけ取り払うにも、
良い縁を授かるにも、
自分のことを考え思いやるにも、
心はできるだけ空が良く。
精神的幸せ、幸福は絶対実現として、そこに価値を置いて瞑想は大事にしてる。

お金持ちになったからそうしてるのではなく、
お金持ちになる前からそうしていると。

意識を、今ここ、に置いて、
まず初めに幸せになってください。
そしてその状態で求めてください。
それが基本、土台です。

何かインスピレーションになったら幸いです。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

免責事項

当ブログは自分の売買記録を残す為、並びに検証用に公開しており推奨するものではありません。 当ブログの情報によって、損害、不利益等が生じましても、一切の責任を負いませんし負えません。売買はご自身の判断と責任の下で行ってください。

ブログランキングへ行く

   

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: