11/29 たった一つの重要な事

今、を神と呼ぼうが真我と呼ぼうが、
神、を今と呼ぼうが真我と呼ぼうが、
真我、を今と呼ぼうが神と呼ぼうが存在と呼ぼうが、
呼び名は何であれ、

その存在を認知できたなら、

聖書の大半、お経や教えの大半をマスターしたのと同じだ。

そして幸せを感じ、
瞑想がそれであることを理解し、
本当の利益、知識に任せ瞑想を常とするなら、
その者にとって、
聖書もお経も教えももはや何の意味もなく用はなさない。

何気になく感じ取っている、今、は
世界であれほど重宝されている物が用をなさない程の代物であり体験である。

それは何世紀にもわたり拗れていた、大きな問題を解決したのと同じである。
人類としての問題を解決し終止符を打ったそれはとてもとても大きな功績である。

そのことのために
人類は誕生から始まり、どれだけの命が産まれ死んだことか。
その命の数と同じだけの価値がそこにあるが、
それを知る者は少ないし、
知ろうとする者さえ少ない。

何と愚かなことだろう。
それに加えて苦しむのだから、なんと哀れなことだろう。

世界では、
神の存在を信じるか信じないか論じるほど。
こんなにありありと目の前に以上に近くに存在していて、
誰もに見えているのに、
そこに目がいかないとは。

人は目が付いていながら盲目である。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

免責事項

当ブログは自分の売買記録を残す為、並びに検証用に公開しており推奨するものではありません。 当ブログの情報によって、損害、不利益等が生じましても、一切の責任を負いませんし負えません。売買はご自身の判断と責任の下で行ってください。

ブログランキングへ行く

   

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: