買いポジションをとるということは、そこに自分以外の買い手がいる、しかも上値を追う感性若しくは強力な資金を持った類の、と同じ意味、示唆、または意図してなければいけない。
じゃなければ自分が買った値より高くなる現象など起き得るだろうか?
自分がエントリーした場所、チャート見てそんな買い手が存在して妥当か確認してみるといいだろう。
存在するかはしないかは分かり得ない、しかし妥当かどうかは分かるはずだ。
どの時間でも買い手はいる。
しかし安くなったら買いたい買い手の場所ほど、どんどん値は下がり利益など生まれはしない。
スポンサーサイト

トレンドとは言わば、入れ食い状態のことである。
トレードとはその時に買い又は売って、保有し決済することである。
つまり、誰も知らない秘密の手法や隠されたテクニカルなど必要なければ、仮にあったとしても使い物にならない。
むしろ用いるべきものは、出来るだけ多勢が決断の根拠とするようなものでなければいけない。
そしてトレーダーは、その偏りと共にあらねばならないのだ。

免責事項

当ブログは自分の売買記録を残す為、並びに検証用に公開しており推奨するものではありません。 当ブログの情報によって、損害、不利益等が生じましても、一切の責任を負いませんし負えません。売買はご自身の判断と責任の下で行ってください。

ブログランキングへ行く

   

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: